食生活のせいで子供ができないというケースも珍しくありません。 栄養バランスの悪い食生活をしているとホルモンバランスが乱れてしまい、子供ができにくい体質になることもあります。 そのため、妊娠を望むのであれば、食生活に十分に注意してください。 では、どのような食生活をすると子供ができにくいのでしょうか? 子供ができにくい食生活とは、以下のようなものです。 ・カロリーの過剰摂取 ・ビタミンやミネラル不足 ・野菜不足 ・農薬や添加物の過剰摂取 ・食事時間が不規則 1日の摂取カロリーがあまりにも多いとホルモンバランスが乱れるため、妊娠しづらいです。 その日の消費カロリーに応じて、摂取カロリーを抑えたり、増やしたりしましょう。 また、ビタミンやミネラル、野菜に含まれている食物繊維などが不足していると妊娠しにくいです。 それに、農薬や添加物は妊娠だけではなく、体にも害を与えるものなので、できる限り摂取しないように心がけてください。 そして、食事時間が不規則だとホルモンバランスに悪影響を与えますから、毎日同じ時間に三食きちんと食べるようにしましょう。